マジカルシェリー」カテゴリーアーカイブ

ガードルの効果とは?求めている目的にあっている?

マジカルシェリーの画像3

マジカルシェリーは加圧式骨盤ガードルです。

つまり、一般的なガードルより締め付けが強いんですね。

ですが、それだけではありません。

美容整骨師が監修して作られたことで、それぞれの場所に最適な加圧をかける事が可能になっています。

ただ、ここで気になるのがその効果です。

そもそもガードルを履く効果とは?

求めている効果と、ガードルが持っている効果が一致していなければ、せっかく使ってもガッカリする事になりかねません。

では、ガードルから得られる効果とは、どのようなものなのでしょう?

 

ガードルはどんな時に履く?

一般的にガードルというと、強い締め付け力によって「きつい」「苦しい」といったイメージが強いかもしれません。

ですが、実は様々なバリエーションがあって、その用途によって使い分けます。

 

体型補正を目的として履く

ガードルは、ウエスト、ヒップ、おなかまわり、太ももなど、下半身のシルエットを綺麗に見せる効果があります。

それにより、お腹がスッキリしてヒップアップして脚が長く見えるようになるのです。

つまり締め付け力を使って身体を引き締めて見せる効果があるのですね。

 

歩行サポートを目的として履く

最近では歩行をサポートする事を目的とした機能性ガードルも登場しました。

履いて過ごす事で、エクササイズを促すような効果が期待できます。

 

ガードルのタイプ

ガードルには、その締め付け力が強い物から弱いものまで様々です。

同じ体型サポートが目的だとしても、あまりきついのは苦手という人もいますので、そんな場合には弱いタイプを選べばよいでしょう。

また履き方も、ショーツの上から履くタイプと、ショーツなしで履くタイプが存在します。

更に、ウエスト丈やすそ丈も様々あり、目的だけではなくファッションによっても使い分ける事が可能です。

 

ウエスト丈の種類

★ ローウエスト
ウエストよりかなり低いタイプ

★ ジャストウエスト
ウエストと同じ位置にくるタイプ

★ ハイウエスト
お腹をすっぽり包み込むタイプ

 

すそ丈の種類

★ ショート
脚の付け根までのタイプ

★ スタンダード
股下丈が4~6cmのタイプ

★ セミロング
股下丈が12~14cmのタイプ

★ フルロング
セミロングより裾丈が長いタイプ

 

マジカルシェリーはどんなタイプ?

形状から見ると、ウエスト丈は「ハイウエスト」、すそ丈は「セミロングかフルロング」に当てはまります。

それぞれのタイプの、丈が長い分野に分類されることから、サポート出来る範囲がかなり広い事がわかりますね。

また、締め付けに関しては独特の縫製技術を採用している事で、心地よさを感じる履き心地だと言われています。

それを可能にしているもののひとつに、フックがついているウエストのベルトがあげられます。

3段階に調整できる事で、体形や体調によって、常にベストな状態が保てる工夫がなされています。

 

さらに大きな特徴が骨盤ケア効果でしょう。

一般的なガードルにはないこの機能によって、マジカルシェリーは体型そのものの変化を促す効果が期待できます。

履いている間だけ誤魔化すガードルと違い、脱いでも体型が維持できる事を目的としているのです。

なので、ある程度継続して続けたら、マジカルシェリーに頼らなくても理想の体形を手に入れられるという嬉しい効果が期待できます。

その使い方は、履き続けるだけ!

今ならキャンペーンでお得に購入できるチャンスです。

この機会に始めてみませんか?

⇒マジカルシェリーのキャンペーン詳細はこちら!
↑キャンペーンが終了していると、クリックできません↑

 

 

チタンってナニ?金属なのにマジカルシェリーに使われているの?

マジカルシェリーの画像

ピアスや指輪が使えなかったり、眼鏡さえもダメだったり…。

金属アレルギーの方にとっては、普段の生活に何気なく利用されている金属さえ天敵となります。

ましてそれがマジカルシェリーのようなインナーに使われているとしたら…。

ですが、ちょっと待って下さい。

そもそもチタンって何でしょう?

高そうなイメージはあっても、それ以上はわからない事が多すぎます。

そこでここではチタンについて調べてみました。

金属アレルギーが気になる方はチェックしてみて下さいね!

 

◎ チタンとは?

チタンが工業製品として使われだしたのは、今から50年ほど前の事です。

意外と最近だったんですね。

鉱物に含まれている成分を取り出して製品として利用する点では、他の金属と変わりません。

 

◎ チタンの特徴

チタンの3大特徴に、「軽い」「強い」「さびない」があげられます。

重さは鉄の3分の2、銅の半分くらいです。

強さは、熱に対してと曲げに対してが大きく上げられます。

鉄に比べても、熔解する温度がはるかに高い事が知られています。

また、曲げに関しても、戻ってくる力が鉄の2倍もあります。

さびないという点では、その特性から橋脚に使われることが多いほどです。

 

◎ アレルギーが起きにくい

金属としての特性に関しては、マジカルシェリーにな当てはまりませんね。

ですが、アレルギーが起きにくいという点に関しては、衣類として使う分には非常に重要になります。

金属アレルギーは、金属と汗などの水が触れることによって、イオンが発生し、それが原因となって起こります。

チタンは、このイオンがほとんど発生しないため、金属アレルギーを引き起こしにくいといわれています

有毒性もない事から、医療用の器具として体内に埋め込まれることも多くあります。

 

このように、チタンは金属アレルギーは起きにくく、安全な成分だという事がわかりました。

また、金属を直接組み込んでいるわけではなく、素材に塗り込んである事でも安全性は高いと言えるでしょう。

ですが、100%とは言えませんので、心配な方は購入前に問い合わせしてみる事をおすすめします。

公式サイトでは、購入前であっても相談に載ってもらえるので安心ですよ!

⇒安心安全な通販なら公式サイトから!
↑キャンペーンが終了していると、クリックできません↑

 

 

ナイロンの特徴とは?気を付けないとダメージを与えてしまう?

マジカルシェリーの画像2

マジカルシェリーの素材は、ナイロン80%ポリウレタン20%から出来ています。

もっとも多少変わる場合もあり、ナイロン82%ポリウレタン18%の事もあります。

 

ナイロンというと、非常に一般的で聞いたことがない人はいないのではないでしょうか?

衣類やバッグ、雑貨にまで、実に様々な用途で使われています。

特別扱いが難しい事もなく、普通に洗濯できるのも特徴のひとつですね。

 

その歴史は古く、1935年にアメリカのデュポン社がナイロン66を開発した事が始まりとなっています。

現在ではナイロン66の他に、ナイロン6も一般的に流通しています。

若干耐熱性に差はありますが、普段の生活の中ではそれらを区別することなく「ナイロン」として呼んでいます。

石油を原料とした合成繊維のひとつですが、他の合成繊維に比べて摩耗や摩擦に強い特性があります。

柔軟で軽く速乾性に優れていますが、繰り返しの折り曲げにも強く、非常に広範囲な分野で利用されています。

 

このように、軽くてしなやかで、それでいて強靭なイメージがありますが、弱点も存在します。

・紫外線で変色する
・酸性に弱い
・熱に弱い

 

一般的に白色で使う事は少ないかもしれませんが、紫外線や日光にさらされる環境下では注意が必要です。

また、普段の使用環境で酸に触れる事はないと思われますので、これについても気にするほどではありません。

ですが、熱に関しては注意して下さい。

特にアイロンを必要とする場合には、低温で行うことが絶対条件となります。

更に洗濯の後の干し方も、気にすべき点があります。

まず、乾燥機の使用は控えて下さい。

また、直射日光の当たらない風通しの良い場所に干すことで、生地の劣化を抑える事が出来ます。

 

このように、熱以外には気にしなくてもいい素材ですが、マジカルシェリーにおいては洗濯時にもご注意下さい。

他の洗濯物と一緒に洗うのは構いませんが、必ず洗濯ネットを使用して下さい。

レースのほつれや、フックの絡まりを抑えるためです。

これさえ守っておけば、ムダに劣化が進むことはありません。

ただし、出来れば複数枚用意してローテーションする事をおすすめします。

どんなに痛みにくい素材だとしても、1枚だけを使い続けたのでは良くありません。

公式サイトでは、現在まとめ買いがお得なキャンペーン開始中です。

このチャンスを逃さないようにして下さいね!

⇒マジカルシェリーのキャンペーン詳細はこちら!
↑キャンペーンが終了していると、クリックできません↑