お腹の脂肪の正体は…

薄着になるシーズンになると気になるのがお腹のまわりの脂肪組織です。プヨプヨしたお腹やぽっこりと出た下腹など、お腹に脂肪組織がつきやすい女性にとって、それは本当に大きな問題なのです。ではこのお腹の脂肪組織の正体はいったいなんなのでしょうか。女子のお腹の部分にはちょうど子宮があるために、生命に関わる主要なパートは、守られるためにもともと脂肪がつきやすいので、脂肪がついてしまうのです。そして女性ホルモンの働きがこの脂肪に関係しています。反対に男性ホルモンは皮下脂肪の代わりに内臓脂肪をつきやすくする働きがあります。ですから皮下脂肪がつく量は男性に比べて女子のほうが1.5倍も多いといわれています。そして女性は閉経後になると、女性ホルモンが減少して男性と同じように内臓脂肪もつきやすくなるために、食生活などに注意が必要なのです。またもうひとつ大切なことは肋骨から下のお腹のパートには骨組みがないという点で、これは男女共通していえることです。そのため内臓を守ったり空洞のお腹を保護するためにも筋肉や脂肪がつきやすくなっています。このようにお腹につく脂肪は人類が元々もっている体を守る機能によるものです。それがブヨブヨしたお腹になってしまうのは、新陳代謝が鈍くなったり、食べ過ぎたりすることによって必要以上にその脂肪がついてしまうからだということでしょう。

お腹が太るというタイプに人には

お腹に脂肪組織がついたお腹太りにはいろいろな種類がありますが、まずは自身に該当する種類を知ることが効果的なお腹やせの滑り出しです。まず手足などは細くどちらかというと痩せているのにお腹だけに脂肪組織が集中している、という種類はエネルギー不足からくるものです。これは基礎代謝が減少しているためで、普通に食べていても脂肪が燃焼しきれない状態なのです。さらに腹圧が低くなると、内臓を外から抑える力が弱まってしまい、下腹部がぽこっと出るようになるのです。次は皮下脂肪型で、お腹の脂肪組織がプヨプヨとしていてつまめるような人ですが、これは消費カロリーより摂取カロリーのほうが上回ってしまう、食べすぎのタイプです。これが積み重なると皮下脂肪を体に溜めこむことになって、三段腹を作り出してしまうのです。やせているようにしか見えないのに、なぜかお腹だけが出ているような人がいますが、これは姿勢の悪さが原因の場合もあり、腹筋力の弱さそれを作っているのです。そして内臓脂肪の出っ張り型というのがありますが、これは内臓脂肪がお腹の中に詰まっていて、内側からお腹を膨らませている状態なのです。この体型は中年の男性によくある見なりです。ともかく体脂肪が多いために体形が崩れた肥満型というのもありますが、こういう人はお腹だけではなく体全体に脂肪組織がついている場合がほとんどです。以上のように、お腹太りには、脂肪のつき方から原因まで種類もいろいろあります。それぞれのタイプにあった対策をすることが大切なのはないでしょうか。